スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご近所ポタ・古墳巡りとビッグミルチ

2016.04.21.Thu.20:44
P1070.jpg

私の住んでいる大阪は北部、北摂地域は日本でも有数の古墳群がある所です。
私が幼い頃、日本で初めての高速道路「名神高速道路」の工事が
始まった時など、そこらじゅうから遺跡や土器が出土して大人も
子供も見に行ったものでした。
我が家からも徒歩2分で宮内庁が管理する継体天皇御陵「太田茶臼山古墳」という
巨大な前方後円墳があり緑豊かな所です。
近年、その東に数キロ先に位置する「今城塚古墳」が本物の継体天皇御陵で
あるという説が浮上して古墳マニアやらハイカーが多く訪れています。
その今城塚古墳の方は一般にも開放されており資料館も無料で見学説明を
受けることができ前方後円墳の外周は自転車でも押して歩けば散策可能です。
ということで我が家にやってきた「ヴェロちゃん号」で、ご近所ポタです。
まず、わが町の太田茶臼山古墳の航空写真。※茨木市HPより

oodachausuyamakofun.jpg


そして今城塚古墳

P1070398.jpg


遊歩道に飾られた埴輪の群れ

P1070401.jpg


悠久の彼方に古代の戦士は何を想う?・・・

P1070403.jpg


ちなみに高槻市のゆるキャラは埴輪の「はにたん」です(笑)

hanitan_20160422134122c71.jpg



この今城塚古墳より少し南に行った所にこれまた皆さんが見たことも
無いような代物があるので少し紹介しましょう。

私が幼い時から地元にある企業といえば一に松下電器、二に明治製菓です。
今日は車では中々近くまで行けない所を自転車で敷地ぎりぎりに接近して
明治製菓の「ある代物」を撮影してみます。
これなんだかわかりますか??

P1070396.jpg

P1070397.jpg

四月の太陽の位置では「ぬめり感」が伝えられず残念!
ちょっとビターになっちまったって感じ・・・

2011年に完成した巨大なチョコレートの看板「ビッグミルチ」です。
なんと27.6×165.9M!本物の明治ミルクチョコレート38万枚分(笑)
※工場で働く皆さんはミルクチョコレートの事を愛をこめて
「ミルチ」と呼んでいるそうです。

同社HPより
0208_01.jpg


残念ながらこの巨大な看板の正面を撮影する為に立ち入ることが出来る場所は
一か所もありません。
では何の為の看板かと申しますと、この看板の前を並行して走るJR東海道本線
から乗客に見えるように設置してあるのです。
まぁ百聞は一見に如かず。ご覧ください。



※ガラケーのオバちゃん、邪魔ですな・・・(笑)

この電車を利用して通勤している家内の話では外国の方が
よく車窓からこれを撮影しているらしいです。

それとこれは画像や動画では絶対伝えられないことなのですが、
明治製菓周辺は、すご~く甘いチョコレートの香りがします。
私はチョコレートが大好きなので全然平気ですが、世の中には
嫌いな人も存在するのかな?そういう人はここには住めません(笑)
私が子供のころは何ていうんでしょう?ビスケットの香りが
いつもしていたものですが、最近はビスケットの需要も少ないのでしょうか?
このチョコレートの香りは風の向きで相当離れたところでも
感じる事が出来ますよ(笑)

スポンサーサイト

黄昏チャリダーのひとり言?

2016.04.06.Wed.23:17
t1.png


我が家にternがやってきた。
ternとはカモメ科の鳥でアジサシっていうらしいです。
やってきたのは鳥じゃなくってternってブランドの「ミニベロ」です(笑)
ある日、いつもの様にネットサーフィンしておりますと
tern Verge N8というモデルがアウトレット半額奉仕!ってのを見つけました。
なんと99,360円の半額ですよ!これは例え年金受給者でも
嫁さんに借金しても買うしかないでしょう。
自転車には釣りほど知識がないのでポチる前に徹底調査です。
Ternはダホンからのれんわけした2011年創業の新しいブランド。
Webサイトを見ても中々しゃれています。
Verge N8はこんなモデルです。
選んだボディーカラーはブラックにグリーンの差し色が入った
落ち着いたカラー・・・

n81 - コピー


こういうギミックは男なら誰でもたまりませんね。

n82 - コピー


たたみ方はこんな風



なんとなくフレームのイメージが「ジュラシックワールド」の
どう猛なんだけど愛らしい「ヴェロキラプトル」っぽいので
ミニベロとヴェロをかけてヴェロちゃん号と命名(笑)

v1 - コピー



ただ今、今年最大の「ぼうけん」アワイチに向け
色々とアクセサリーを物色、揃えつつあります。
爺さんが乗ってる姿より若い女性の画像のほうがきっと
素敵なのでご覧ください。


tern-verge-girl - コピー



こんな人が前を走っていたら男ならどこまでもついて行きますよね。
私はternのサドルになりたい(笑)
あれっ?
いつの間にかチャリブログになりつつありますが、
バス釣りのほうもそろそろですね・・・
次回はternの揃えつつある装備の紹介でもしましょう。

インバーアランを身にまとう

2016.01.16.Sat.21:29
pt1.jpg

あっという間にお正月も過ぎ、普段の日々に戻りました。
みなさん、今年もよろしくお願い致します。

さて、年末に自分のご褒美として人生3着目の
アランセーターを買いました。モデルはブラウンの3A。
こだわりの「茶タグ」のインバーアランは、Aランクのニッターが
90時間25,000回のステッチから編み上げる男の一生ものです。
最初の4Aアランは随分と昔に求めたオフホワイトのもので
大事に着ていますが、今なお現役です。
セーターは工場で生産されるのではなく、会社が材料の糸を
ニッターに託しそれぞれの家庭でニッターが編むのだそうです。
完成したセーターには彼女達のサインが記されたタグが付き作者の
自信や気概さえ感じられます。
私好みの名前?ドロシーやジェニファーなんて名前(笑)の
お婆さんが暖炉の前でひざ掛けをして若き日のことを思い出しながら
編んでいる姿を想像しただけで私はこれに身を包むと暖かくなれるのです。
ウール100%の極太のニットで編まれたセーターは重量もあり
最新のフリースなどと比べれば10倍位の重さがあるのでは
ないでしょうか?しかしそれがまた何とも言えない重厚感を
醸し出しています。





最新のアウトドアウェアのシェルなんかを買おうかなとも思ったのですが
自分の残りの人生を考えた場合、アランセーターのほうが、
絶対に廃れることなく更に私が年老いても着れるでしょう。
何から何まで某国製のモノが溢れる中、
メイドインスコットランドは心地よい響きですね。
完全ハンドメイドの温もりのあるインバーアラン・・・
フィッシャーマンの貴方にも是非お勧めの一品です。

今は亡きスティーブマックィーン。
カッコいいですね。(画像はネットからお借りしました。)
Esq-Hollywood-McQueen-620x661.jpg

爺さんの2015年最大の「ぼうけん」 ビワイチに挑戦 二日目

2015.10.23.Fri.12:44
PA190046 (500x372)


ビワイチ二日目の朝です。
夜釣りの経験が多いので琵琶湖の日の出は見馴れていますが
宿から見る日の出はまた格別ですね・・・
ガッツリと朝食を頂き、昨日は行くことが出来なかった
マキノのメタセコイア並木を目指すべく今津から少し
戻って走ります。
昔、車では来たことが有るのですが、自転車で来るとは
思いませんでした。

並木の入り口をコンデジのPOPアートで一枚

PA190060 (500x375)


ドラマティックトーンで一枚

PA190065 (375x500)


ジオラマで一枚

PA190069 (500x375)




並木を後にして一気に高島に有る通過点の白髭神社を目指します。

IMG_0731_20151023122817183.jpg


白髭神社に到着。まだあの鳥居の対岸まで行かねばなりません。
琵琶湖大橋もまだ見えんぞ。大丈夫かなって感じ(笑)
しかし、きれいな水ですね。
南湖とは比べようが有りません。
魚も釣れる気がしませんね。綺麗すぎて・・・

その後、国道の少し危険地帯を通過。
ようやく琵琶湖大橋に近づきます。
いつもはカヤック上から見馴れ、何の感慨もない大橋ですが
橋の頂点で走ってきた道を振りかえりながら
ひとり感慨にふける爺さん一人(笑)

PA190072 (500x370)


暫く休んでいると真新しいビアンキとルイガノに乗った
女性がお二人昇ってきて色々と楽しい話をしました。
年寄りだから話しかけても人畜無害。女性も警戒しませんな(笑)

さぁて、後はバス釣りで通い慣れた近江八幡は西の湖までのひと走り。

もうすぐ近江八幡という所で、素晴らしいコスモス畑を発見。
綺麗な若いお嬢さん二人が写真を撮り合っています。
人畜無害ですからここでもすぐ声をかけて彼女たちの
iPhoneで二人を撮影してあげます。
代わりに彼女たちが撮ってくれた画像がこれ・・・

花と爺さん(笑)

PA190082 (500x375)


そして・・・
あぁ、ようやく近江八幡市街への標識が見えてきました。

IMG_0735_20151023123025a6b.jpg


もう少しで駐車場です。
最後の川沿いの琵琶湖よし笛サイクルロードです。

IMG_0736_20151023123027ca7.jpg

やり遂げました!
到着しました。タイムズ近江八幡仲屋町駐車場。



PA190083 (250x188)


PA190084 (250x188)


ビワイチ達成に感涙にむせぶ図((笑)
タイムズの駐車料金、二日で800円!安っ!

大阪人のノリで今日はこれ位にしといたろ。
また来るぜってポーズを決めて見せます(笑)

PA190088 (500x375)


特記・・・
二日間、雲一つない晴天・・・
気象庁のA予報、なかなかのもんです。
二日間に交通事故を目撃した件数 3件
死傷者 人間(0)動物(3)狸1匹・蛇2匹昇天
滋賀は自然がいっぱい(笑)
話をした女性5人(宿の女将さんと旅のひと4人)
男性1人(木之元の飯裏の交差点で道をアドバイスしてくれたローディさん)
皆さん、有難うございました。
バイクのパンクなし
疲労感、特になし。お尻の痛み少々。
徹夜のカヤックフィッシングの方がはるかにしんどい(笑)


爺さんの2015年最大の「ぼうけん」 ビワイチに挑戦 一日目

2015.10.23.Fri.12:19
map.jpg


少し、朝夕の寒さが感じられる今日この頃。
今しかないでしょう!てな感じで人生初のビワイチ・ロングライドに
挑戦です。挑戦って言ってもお年寄り向けの北湖一周一泊二日の
160キロの反時計回りの行程です。
18日の早朝、気象庁の快晴予報Aクラス絶対はずれなし予報を
信じてクロスバイクを車載し、家内に見送られ
イザ!シュパツ。

PA180009 (500x375)


近江八幡のタイムズに駐車を完了。きっかり9時にスタート。
約、90キロ彼方の対岸、宿を取っている近江今津を目指します。
左手に琵琶湖を眺めながら延々と続く湖岸道路をひた走ります。
いつもならカヤックを浮かべてバスを釣っているのに
今年は何をしているんだろうって??感じです。
それにしても、さざなみ街道は気持ちがいいです。

PA180016 (500x358)


彦根城を右に見て無事通過・・・
ここ彦根は若いころ仕事で訪れていた事とお友達ブロガーの
「しげさん」の住まいが有るところで親近感があります。
今度来るときは噂?のお店スイスのハンバーグを家内と
食べに来ようなんて考えながら走ります。
無事、米原・長浜を通過・・・
「湖北みずどりステーション」でしばし休憩。
この辺りには小さな島が点在するんですね・・・
琵琶湖で島といえば竹生島か沖島くらいと思っておりました。

PA180024 (500x375)


さて、問題の木之元での恐怖の8号線を渡って旧道を行くのを
ミスすることなく通過。本日初めての上りを開始です。
旧道、トンネルをへて奥琵琶湖ドライブウェーを迂回、

IMG_0711-(3)_2015102312125556c.jpg

IMG_0712_20151023121256180.jpg


旧賤ヶ岳トンネルをくぐると定番の絶景ポイント。

PA180027 (500x375)


ここで気さくなローディさんと出会い、ご挨拶。
爽快な下りの坂道を彼のお尻をくっついて走り飯浦の交差点で追いつき
トンネル通過でショートカットするか?湖岸を走るかアドバイスを受けます。
湖岸は坂道ありますか?と私。
いえ、全然大丈夫ですよ!少し遠回りになりますが頑張って
走ってくださいとのこと・・・
結局、彼のアドバイスのおかげで当日最高の景色を見ることが出来て
本当によかったです。
iPhoneで撮影したのですが、この景色です。

IMG_0719_201510231215086d0.jpg


この塩津浜はウィンドサーフィンをする人の集結場所みたいで
素晴しい景色を見ることが出来ました。
遠回りをアドバイスしてくれた親切なローディさんにホント感謝です。
そして春の桜並木で有名な定番の海津大崎にて少し休憩と撮影。


PA180028 (500x375)


ここまで来れば、息子たちが幼いとき、何度も訪れた
マキノサニービーチ知内浜オートキャンプ場まであと少し・・・

IMG_0724_201510231216277c7.jpg


う~ん!本当に懐かしい景色です。
ロケーションが気に入って何度訪れたでしょう。
釣りに、水泳、素敵なドライブコース。過ぎ去った20数年の
歳月を思うと少し感傷的になりますね。
もう、その息子二人に総勢5人の子供たちがいるのですから・・・

思い出の湖岸を更に走り抜け
今日のお宿 「湖畔の旅籠 福寿」さんを目指します。
場所は近江今津の街道沿いです。
そして無事到着。

PA180045 (500x348)


いやぁ、それにしても江戸時代にタイムスリップしたような
お宿です。
なぜ?他にホテルも有るのに私がここに決めたか?
Web上の画像や説明でこんな説明が有ったからです。
チェックイン前・アウト後の荷物預かり&駐車OK!
これってすごく気になりません??

PA180041 (500x375)


画像ですが、私の頭のところがお部屋です。よく見てください。
もし、釣りだけじゃなくのんびりとカヤックで遊ぶなら
宿の横の駐車場から5メーターで湖に出れるんですよ(驚)
車に上手くカヤックと自転車を積んで駐車時間を考えて宿に
お願いしたら一日目は自転車、二日目はカヤッキングと一泊で
二つのスポーツが出来るんです。
一粒で二度美味しい、まるでグリコなみの美味しさ、楽しさです(笑)

優しく出迎えてくれた女将さんとしばし談笑。
年寄りには居心地がいいですな・・・
決して上品さや綺麗な建物のお宿では在りませんが、私には必要にして
充分すぎるお宿です。故郷の田舎に帰ったような感じです。
(女将さんにはグリコの件を少し聞いてみようw)

たらふくビールと食事を胃の中に納め一日目を無事終了。
続く(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。