スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

爺さんのバス釣り2008 最終章・一撃必釣?

2008.10.20.Mon.12:52

土曜の昼間、仕事をしていますと息子からの電話です。
「明日、行くんっ?」
「今年は後、一、二回の予定やし行くよ」と返しますと
連れて行って欲しいと、エラク丁寧な言い回しですウッシッシ
要するにガス代・高速代・諸経費泣き顔親持ちと言う事です。
しゃぁない息子ですな・・・
更にゴムボを乾かすのが面倒との事でジョンボートで行かへん?と
のたまいます。私ゃカヤックで好きなとこ攻めたかったのですが
エレキもバッテリーも自分で運ぶと言うしジョンを出す事に・・・

午前3時半マザーレイク南湖の湖岸に釣りキチ親子が佇みます。
エレキのパワードームを水面すれすれまで上げてウィードジャングルを
避け遠く沖合いにジョンを進めます。
ウィードが切れて準備を終った私の一投目です。
結んだノイジーの「カポカポカポ・・・カポカポ・・・」という音に
「バフォッッ!!」と元気の良い捕食音です。
画像ではルアーが見えませんが丸呑み状態の40UPの「元気バス」です。
来て良かったですな。
その後、先を越された水中釣りの息子もスピナーベイトで小バスを
3匹イジメて居りましたうれしい顔

フォト

トップもバイトが連続するのを期待しましたが結局一投目のそれのみで
明け方には気温が急降下、年寄りには堪える季節になりました。

帰りの車中で私が、まだトップで水面割ったし、もう一回位
来てみようかな??というと
息子がこちらをみて「ニヤリ」とし
釣れた感覚で来年シーズン迎えた方がエエんちゃう??
と忠告しますウッシッシウッシッシ
確かに一理有りますな・・・がまん顔がまん顔



スポンサーサイト

腹立つわぁ・・・  釣りネタでは有りません。

2008.10.08.Wed.18:04

今朝、朝刊を見ていると「マンナンライフ・蒟蒻畑製造中止」の見出しが・・・
2日に「揺るがぬ信念」をお持ちの偉い野田消費者相がマンナンの役員を
内閣府に呼びつけて17人も亡くなっている・・・自主回収したら??との
高圧的な指示の結果です。
マンナンの売り上げの90%を占める当商品が作れないとしたら
この企業は一体どうなるのでしょう・・・
蒟蒻畑は家内も家で食べているし見た事が有りますが注意書きも確かにされています。
幼児や高齢者には食べさせないように表示されているにもかかわらず
更にそれを凍らせて1歳児に与える保護者には罪は無いのかと言いたい。
亡くなったお子さんは誠に気の毒ですが、この世に使い方を間違えば
危険なものはゴマンとあります。安全か危険かその使い方さえ学ぶ事が
出来ず、事が起きればそれっメーカーや他人の責任と本当に情けない大人が増えて
いる事に驚かされます。
サラリーマン時代、得意先の前で政治とプロ野球の話はタブーでしたが
いまは言いたい。政治家は自分の立場をパフォーマンスの舞台にして
企業いじめをして良いのか??
一生懸命働き、商品開発をし、製品を愛した社員の皆さんや
そしてその家族の方々の事を思うと胸が張り裂けそうになります。
いつの間に日本の政治は「政治ごっこ」に終始する様になったのでしょう。
その辺の何の実績もない人間が2世というだけで「お子ちゃま大臣」に
なれます。開いた口が塞がりません。

一体日本はどうなるのでしょう・・・
今日は帰ったら家内と二人で蒟蒻畑を食べよう!
がんばれ!マンナン!!

爺さんのバス釣り終盤戦・・・また「豆」ですが

2008.10.06.Mon.11:57

家内から12日は地区の運動会との事で当日は外出禁止令が出ていますあせあせ
運動会といっても爺さんの出番は「玉入れ」位しか有りませんがウインク
一応人数集め・・・頭数の一人ちゅう事ですな。
という訳で日曜を外すと暫く釣りに行けないとの勝手な言い訳で
昨日、朝のみマザーレイクに浮かんできました。

場所は先日マイミクのナイロンさんに教えて貰ったポイントです。
朝4:30浮かんですぐ「パシュッ」と可愛いバイトです。乗りません。
明るくなり沖合いに出てから今度は本格的なバイトです「バシュッ」
今度も乗りません。どうなっているのでしょうか?泣き顔泣き顔
天気予報と裏腹に雨が降ってきます。
雨で気配が消えたのか3度目のバイトですウッシッシウッシッシ
今度は乗りました・・・しかしサイズがやはり「豆」です。
35有るかないかサイズも計らずリリースです(いや、勝手に逃げました手(パー)

画像のパドルの下、水面に見えているのは「ホンダワラや昆布わーい(嬉しい顔)」では
有りません。マザーレイクのウィードです。
関東の人が見たら何と思うでしょうがまん顔げっそり
いつもこんな所で釣っていますボケーっとした顔
ココではウィードレスペラのエレキも直ぐ藻団子ですがまん顔
カヤックは滑るように進入できますが・・・
こんなウィードのエッジやウィードパッチでヤングバスが飛び出します。
しか~し!私達親子が探しているデカバスは案外こういう所には居ないのです。
ホントにデカバスは何処へ行ったのでしょう・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。