スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

綺麗な45で今年は納竿か・・・

2011.10.28.Fri.12:07

釣り人の心理というのは、どうも犯罪者の心理に似ている様ですあせあせ
「必ず現場に戻る」っちゅうアレです・・・
先週、良かった某所に性懲りもなく行ってまいりました。
午前、3時半。近江大橋たもとの気温計は何と「9°!風速2」
これはやばいです。私にとっては極寒です。
湖上に出てみますと結構な風で寒さが増します。
ただ水温はそれほど低いわけではないので期待が出来ます。

有望ポイントその① 何も有りません冷や汗
有望ポイントその② ここも何も有りません冷や汗
有望ポイントその③ 更に何も起きません冷や汗

これは、恐怖のマルホゲ納竿か?が脳裏をかすめます。
しかし、魚はどこかにいるはず・・・
いつもの攻め方を変え岸打ちに転じます。
(ここは本湖と違い野池の攻め方も出来る場所です。)
うっすら夜も明け気を抜いてピックアップ寸前のルアーに突然
大型のアタックです目!カヤックから2Mも無かったでしょう。
面白いもので至近距離でアタックされるとラインは緩んでいるわ
驚くわで釣り人、何も出来ませんげっそり
長いこと釣りをしていますが、あんな大型が至近距離で姿を見せながら
アタックしてきたのは初めての体験です。
恐らく50は遥かに超えていたと思われます。
やはり居ましたね・・・
パターンは岸際シャローです。答えは出ましたので、いつもの場所は
捨てて、丁寧に岸際を打って行きます。
陽ものぼり、望み薄ですが水路のコーナーでポッパーに
水面炸裂です衝撃

揚がってきたのは綺麗な体の45・・・
フォト

この寒い中、本当に嬉しかったですね。
もうこうなれば一匹で充分です。ゆっくりパドリングを楽しみながら
今年も楽しませてくれたマザーレイクに感謝です。


スポンサーサイト

爺さんのスランプを救ったポッパーゲーム

2011.10.21.Fri.12:30

私、現在スランプ中です・・・
ここ2回マルホゲ中で御座います。
そんなこんなで、スランプ脱出するべく今回は2年前に
レコードフィッシュをプレゼントしてくれた内湖にチャレンジです。
今回は最近調子の悪いペラ物を封印。

ルアーは今年の誕生日か父の日に上の息子がプレゼントしてくれた
D社の対琵琶湖戦用のポッパーです。

夜明け間際、旧真珠棚の杭跡で杭すれすれをポッパーを通し
ポーズの後、数秒後で目の覚めるようなバイトです・・・
しかし、スランプ中の私には乗せることが出来ません。
感じからして居つきの大型バスでしょう。
むやみに投げて場を荒らすともったいないので陽ものぼりかけ
一時、本湖に移動して遊びます。

フォト

そして一時間半も過ぎた頃、内湖に戻り
例の杭のそばに近寄りカヤックのポジションを決め
渾身の一投目・・・
2アクション後のポーズに思わずデカバスが、もんどりうって水面に出ます。
とうに夜もあけているので丸見えです目

パワーは余り感じないものの大型です。
久しぶりでサイドワインダーがブチ曲り楽しいですわーい(嬉しい顔)
揚がってきたのはスリムな54バス
(春先の体型なら文句無しだけどなぁ・・・)

ポッパー丸呑み
ラインチューブがいい仕事しています。
フォト

スランプ脱出の息子がくれたポッパー
「パルスコッド」
フォト

思えば、ここ最近はペラ物を多用する事が多く
余り他のルアーを使用しませんでした。
いわば、ペンシルやポッパーはトップの「基本」
スランプの時は基本に帰れという事ですね手(チョキ)










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。