スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初バス、釣れました!・・・でも小さいがなorz

2015.07.25.Sat.16:38
P7250001.jpg

何を隠しましょう。別に隠さなくてもいいのですが・・・
わたくし、今年はまだバスはおろか鯰を一匹しか掛けておりません。
灼熱の8月になる前に何とか一匹をと、今日行かずしていつ行くの?
って感じで本日、南湖に行きました。
現地に到着すると意外にさざ波が立っており嫌な予感です。
出艇してすぐの少し風裏になっているエリの杭にワドルを平行引きしますと
いきなりドカン!と当たります。
久しぶりのバスに逃げられてたまるかと2回も渾身のフッキングを
かましますが、ファイトの途中で妙な手ごたえに変わります。
引き上げてみますとなんと見事な「藻ダルマ」!!
推定ナナマルのウィードを持ってやはり今年は持ってないぞ「私」って感じ(笑)
気を取り直してエリの反対側に廻り今度はウィードエッジを丁寧に
ワドルをチドラせますと、またもや元気のいいバイトです。
サイズを測るほどでもない小バスですが慎重に取り込みます。
シャチホコみたいな可愛いバスですが、嬉しいですね。
オリンパスのTG-850で初バスを撮影しますが、超広角もこれはこれで
慣れが必要ですな。
もう少し自然な感じに撮りたい。

一匹揚げてあとはリップラップのバズ絨毯爆撃で50UPは確実と
東の空の明け具合をみて急いでパドリング、シャロ―に急行しますが、
到着してみますとえらいウィードが繁茂してバズを通せる状況では
ありません。
やっぱり持ってないぞ「私」でしょうか?
諦めてエリを迂回し北へ移動しようとパドリングしていますと
左舷前方に見慣れたカラーのフィールフリーが・・・
近づいて観察しますと何とブログ仲間の「しげさん」でした。
状況を確認しますとやはり小バス数匹とのこと。
まさに持ってないぞ「私たち」です(笑)
陽はすっかり昇り風も出てきて二人とも早々に撤収です。
カヤックの片づけを手伝ってもらい湖畔のベンチで久々の現地トークです。
会うのは2.3年ぶりなのにブログのやり取りをしているので
なにか何時も会っているような不思議な感じ。
今日は釣りよりもおしゃべりの方が楽しくて帰ってからも
疲れが無かったですね・・・
有難う「しげさん」。

1_20150725163137563.jpg


一緒に帰還します。また後半戦でお会いしましょう。

湖周道路にはカヤック積載の車がいっぱい。
しげさんの車の前には2艇積みの車が走っています。
対向の車はシーカヤックでしょうか?

IMG_0554-(2).jpg






スポンサーサイト

一子相伝2015 親・子・孫と三代でバス釣りに行く。

2015.07.05.Sun.21:45
1_20150705212002d85.jpg


息子が孫の琵琶湖デビューするといって
私をバスボートに乗せてくれました。
何とか孫に琵琶湖のバスを釣らせてあげたいと思う息子が
セットした極小のネコリグが功を奏し
孫は比較的に簡単に小バス4匹と巨大ブルーギルを6匹も
釣ることが出来ました。
しかし炎天下の下、魚が釣れたとはいえ小学2年で
6時間以上、ボートでの釣りはよく耐えました。
私は行く前からせいぜい2,3時間で根を上げると思っておりましたので
少々驚きです。

P1070004 (600x437) (500x364)


息子の方は必殺の琵琶湖戦用のワームをリグって47位のを2匹。
孫の面倒を見ながらも釣り上げ何とか親の面目を保っておりました。
私ですか?・・・
サーフェスゲームそのままのセットでピーカンの南湖で
巨大デスアダースティックをブン投げておりましたので
またしても釣果0!爺じの面目も保てません(笑)
しかし、意外と昼間の琵琶湖の真ん中で釣りをするのは
難しいもんですね。闇夜のサーフェスゲームそのままの
ストロングスタイルなどそう簡単に通用は致しません。
よくわかりました。

いつか書いた日記のように
後ろから見るわが子と孫は景色こそ違え遠い昔日の
自分と息子を見ているような不思議な気分です。

2_201507052120322de.jpg


更に不思議なことに
私は息子がバスを釣り上げれば孫も「お父さん凄い!」と
感心して喜ぶものだと思っておりましたが、
どうもこれは私の思い違いで、わが孫に関しては
えらい対抗意識を燃やして親の釣果をなんと「シカト」しております。

3_20150705212033862.jpg


息子が釣り上げた2匹が二匹とも同じ状況でしたので
私は思わず吹き出しそうになりました。
親子とはいえ、そこは男同士譲れないものが有るのですね・・・
面白いもんです。

帰りの車内でそのことを息子と話したのですが、
幼いときにはやはり今日の日と同じように、釣果のあった
私に同じ思いをしていたようです。
私にはそんな自覚は少しもなかったのですが・・・
親を超えるのは難しく幼いながらもそれが目標になるのでしょう。
孫の愛称は「潤ちん」っていうのですが、
息子が、潤ちんもいつかはお父さんを超えるんやでって
孫に話しかけるのがとても心に残りました。
私が父親から受けついだ釣り好きのDNAは
しっかりと孫にも受け継がれたようです(笑)

一日の終わりに記念撮影。
5.jpg



本日の格言・・・

「釣りをしている夫の姿を見たことのない女房は、自分がどれほど
辛抱強い男と結婚したか気が付かない」
エドガー・ワトソン・ハウ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。