スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インバーアランを身にまとう

2016.01.16.Sat.21:29
pt1.jpg

あっという間にお正月も過ぎ、普段の日々に戻りました。
みなさん、今年もよろしくお願い致します。

さて、年末に自分のご褒美として人生3着目の
アランセーターを買いました。モデルはブラウンの3A。
こだわりの「茶タグ」のインバーアランは、Aランクのニッターが
90時間25,000回のステッチから編み上げる男の一生ものです。
最初の4Aアランは随分と昔に求めたオフホワイトのもので
大事に着ていますが、今なお現役です。
セーターは工場で生産されるのではなく、会社が材料の糸を
ニッターに託しそれぞれの家庭でニッターが編むのだそうです。
完成したセーターには彼女達のサインが記されたタグが付き作者の
自信や気概さえ感じられます。
私好みの名前?ドロシーやジェニファーなんて名前(笑)の
お婆さんが暖炉の前でひざ掛けをして若き日のことを思い出しながら
編んでいる姿を想像しただけで私はこれに身を包むと暖かくなれるのです。
ウール100%の極太のニットで編まれたセーターは重量もあり
最新のフリースなどと比べれば10倍位の重さがあるのでは
ないでしょうか?しかしそれがまた何とも言えない重厚感を
醸し出しています。





最新のアウトドアウェアのシェルなんかを買おうかなとも思ったのですが
自分の残りの人生を考えた場合、アランセーターのほうが、
絶対に廃れることなく更に私が年老いても着れるでしょう。
何から何まで某国製のモノが溢れる中、
メイドインスコットランドは心地よい響きですね。
完全ハンドメイドの温もりのあるインバーアラン・・・
フィッシャーマンの貴方にも是非お勧めの一品です。

今は亡きスティーブマックィーン。
カッコいいですね。(画像はネットからお借りしました。)
Esq-Hollywood-McQueen-620x661.jpg
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。