スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

爺さんの日常・2014 マチュピチュへ行く。

2014.04.26.Sat.14:27
最初にお断りです。(最近、こればっかりですね)
マチュピチュと言っても南米ペルーの本物では有りません。
私には財力も時間も有りませんので「日本のマチュピチュ」です。
60oyajiって釣りばかりしてんじゃないの?
と思われてもいけませんのでたまには釣り以外の日記でも。
という訳で先日、家内とふたりで簡単バスツアーで
兵庫県和田山に有る日本のマチュピチュ・竹田城に上って参りました。

途中の出石で出石そばを頂きます。出石そばと云えば「湖月堂」
訪れるのは10年ぶりです。今回は二階の時計台が見える
1等席に座ることが出来ました。
関西人にしてはちょっと変わったうどんより蕎麦党の私はもう
たまりません。何皿でもOKです
2014-04-20 002 2014-04-20 002 (500x375)


出石散策で桜満開の中、お爺さんとお婆さんが
写真を撮ってもらいます。なんか恥ずかしいですな。
こうやって見ますとお互い、歳をとりましたな。
そりゃ、もう孫が4人もいるのですから仕方ありません。
2014-04-20 002 2014-04-20 001 (375x500)


で、メインの竹田城です。
360度パノラマの世界は標高はそんなにも無いのですが
素晴らしい眺めです。昔の人は良くこんなところに城を
こさえたもんだと感心しきりです。
2014-04-20 001 2014-04-20 001 (500x375)
2014-04-20 001 2014-04-20 002 (500x375)


秋に近くを流れる円山川の水蒸気が霧になり隣の山から城を望むと
こんな風に天空の城が出現するそうです。
※画像は借用しました。綺麗ですね。
31-1 (1000x667) (500x311)


少し残念だったのは、こんなところにも某国からの団体ツアー
が大挙して押しかけて来ていたことです。規模の小さい遺跡
ですので、今後は入場の制限をするとか手を打たないと
早々に遺跡が壊れていくと思われます。
これは本当のマチュピチュにも言えると思いますが・・・

スポンサーサイト
コメント
No title
60oyajiさん こんばんは!

ご夫婦でご旅行とは良いですね。
今、話題のホットスポット、竹田城!
出石そばを堪能の旅は最高ですね。
息子さんを育てあげ、お孫さん4人に囲まれ
ご夫婦2人が健康であれば何よりの最高の
幸せですね。(羨ましいです)

しかし竹田城も不思議ですね。
歴史好きの私には興味深々です
是非、行ってみたい場所です。
先人達が築いた歴史を辿る(学ぶ)旅は
最高ですね。今の場所(家)近辺は戦国時代の中心地ですので面白いです。




No title
こんばんは!しげさん。

夫婦になって35年。
私はすっかり禿げ上がり
家内はちっこいくせに私と同じ位の
体重に迫るなど時の流れは過酷です(笑)

明日も地域の集会があり釣りに行けません。
この分だとGW以降になりそうです。

30年ほど京都で仕事しておりましたので
しげさんのお住まいの地域は営業管轄でした。
湖北は戦国時代マニアとっては欠かせない
所ですよね・・・
彦根城のすぐそばに得意先が有ったので
すごく懐かしいです。
No title
こんにちは!

「日本のマチュピチュ」はCMを見て興味がありました。
天気の良い日に景色を楽しんで美味しい蕎麦が食べられて楽しい散策が出来そうですね。
60oyajiさんはオシャレでキリッとしてみえるので全然お爺さんという感じがしませんよ。
きっと息子さんからしても目標とする父だと思います。

私も先日夫婦で天橋立に行ってきましたが久しぶりに休日らしい休日になりました。
しかし今年は釣りに行けるタイムリミットがあるので今のうちに暗闇の琵琶湖ライフを満喫しておきます(笑)
No title
こんにちは!K-TOPさん。

コメント有難うございます。
一度は見せておかないとと思い
帽子、脱いでみました(笑)

>暗闇の琵琶湖ライフ
K-TOPさんのブログにお邪魔し出した頃・・・
ナイトですか?って感じだったのに
今や自他?共に認める春のジグヘッドマスター
闇夜のデカバスハンターになりましたね。
時の流れは時として面白いものです。
またアンコウバス期待してますよ~

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。