スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

綺麗な45で今年は納竿か・・・

2011.10.28.Fri.12:07

釣り人の心理というのは、どうも犯罪者の心理に似ている様ですあせあせ
「必ず現場に戻る」っちゅうアレです・・・
先週、良かった某所に性懲りもなく行ってまいりました。
午前、3時半。近江大橋たもとの気温計は何と「9°!風速2」
これはやばいです。私にとっては極寒です。
湖上に出てみますと結構な風で寒さが増します。
ただ水温はそれほど低いわけではないので期待が出来ます。

有望ポイントその① 何も有りません冷や汗
有望ポイントその② ここも何も有りません冷や汗
有望ポイントその③ 更に何も起きません冷や汗

これは、恐怖のマルホゲ納竿か?が脳裏をかすめます。
しかし、魚はどこかにいるはず・・・
いつもの攻め方を変え岸打ちに転じます。
(ここは本湖と違い野池の攻め方も出来る場所です。)
うっすら夜も明け気を抜いてピックアップ寸前のルアーに突然
大型のアタックです目!カヤックから2Mも無かったでしょう。
面白いもので至近距離でアタックされるとラインは緩んでいるわ
驚くわで釣り人、何も出来ませんげっそり
長いこと釣りをしていますが、あんな大型が至近距離で姿を見せながら
アタックしてきたのは初めての体験です。
恐らく50は遥かに超えていたと思われます。
やはり居ましたね・・・
パターンは岸際シャローです。答えは出ましたので、いつもの場所は
捨てて、丁寧に岸際を打って行きます。
陽ものぼり、望み薄ですが水路のコーナーでポッパーに
水面炸裂です衝撃

揚がってきたのは綺麗な体の45・・・
フォト

この寒い中、本当に嬉しかったですね。
もうこうなれば一匹で充分です。ゆっくりパドリングを楽しみながら
今年も楽しませてくれたマザーレイクに感謝です。


スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。