スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原発事故を考える・・・

2013.08.22.Thu.22:26
2013年の夏・・・

それは私にとって原発の問題をゆっくりと考える夏になりました。
始めはちょっとした釣りの調べものからのネットサーフィン
でした。フライ関係のその記事に数回出てくる「JCOの事故」
という言葉が引っかかり調べていくうえで眠る時間さえも
削るネットでの動画閲覧が始まったのです。

今、福島原発で起きていること
私達はどれほどの真実を知っているのでしょう?
何かが隠されている4号機に、もしもの事が有れば
日本全体が消滅してしまうかもしれない真実・・・
私達は「まとも」?な国に住んでいるのでしょうか?
深く考えさせられます。

知っている方も知らない方も今一度
動画を見て考えてください。





平成17年12月25日、佐賀県主催「プルサーマル公開討論会」
にて御用学者や原発推進派の嘲笑をものともせず
原発の危険性を説く京大の小出裕章助教の真摯な姿に
心打たれない人はいないでしょう。

その後、確実に地震と津波で原発事故は起き
放射性物質は地球上に散らばり、挙句の果てには
隕石さえ落ちてきました。
世の中に完全なる事は誰も考えられないのです。
数多くアップされている小出助教の講演を是非ごらん下さい。
その語り口は慈愛に満ちながらここに至る自らの無力さを
半ば自虐的に説明されています。このような人が何故今でも
「助教」?いくつか動画を見ればこの国がしてきたことが
良く分かります。


スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。